スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆく年くる年 

今年は本当に色々ありました。
公私ともに。
伊達直人。
311の震災に福島原発の事故。
ギリシャの財政破綻。
ロンドン暴動、ウォール街のデモ。
アラブの春。
首相交代。カダフィ、金正日が消えた。
ジョブズも亡くなった。
F-XがF-35に決定。
大阪W選挙で維新の会躍進。

個人的には、職場環境の悪化で適応障害発症。うつ状態との診断から休職。
そんな中で妻の妊娠。来年春には父親になる予定。
弟の結婚と姪の誕生。

色々あったけど来年は新たな気持ちで頑張ろうと思う。
2012年が日本、世界にとってよい年になりますように!


スポンサーサイト

10万ヒット! 

お陰様で当ブログも10万ヒットを達成することができました!
いつも見ていただいてる方々、たまたま迷い込んで来た方々、ありがとうございます!
2012年もよろしくお願いいたします!


空自F-X F-35に正式決定 16年度導入へ  

F-X F-35 決定


防衛大臣会見概要 平成23年12月20日(10時45分~10時55分)(抜粋)

1 発表事項

私の方から、一つは次期戦闘機の件でございますけれども、ご存じのとおり、9月26日に提案書を受けてから、我々は予め定めて公表してございますけれども、各側の提案者には話をしてございますが、評価基準に基づきまして、これまで公正に厳正にしっかりと評価してまいりました。その結果、F-35Aを本日の安全保障会議において42機取得するということが決定をいたしました。それと併せて、一部、輸入機を除いて、これから国内企業が製造に参画するということを併せて安全保障会議で決めていただき、また、閣議で了承していただいたということでございます。これにつきましては、我々はこれまで時間をかけて選定の審査を行ってまいりましたけれども、特に性能面あるいは経費の面、それから国内企業の参画の状況、それからまた後方支援といった4要素を中心にいろいろな評価をしてまいりました。その結果がF-35Aが最高の点数があったということを踏まえて、最終的に昨日は私が防衛省としての考え方を決定させていただき、そして本日、安全保障会議と閣議に報告をして、了解をされたということでございますので、しっかりと次期戦闘機の取得について、これからも万全を期してまいりたいと思っております。


2 質疑応答

Q:先ほどお話しのあったF-Xの件なのですけれども、先ほど4要素のお話がありましたが、F-35Aが選定に至ったその最も大きな理由というのは、特に優れていたり、評価された点はどの辺りなのでしょうか。

A:後程、詳しい説明は事務方からさせていただきますけれども、私は基本的には、性能面だと思っておりますし、我々も、性能の面に一番、評価を置いて選定させていただくということでございますので、これからの将来にかけての戦闘機というものについては、いろいろな安全保障の環境、各国のいろいろな動きというのは変化しておりますので、そういうことにしっかりと対応できるような性能を有した戦闘機を持ちたいということで、選定をさせていただいたということでございます。


Q:F-35についてですが、42機ということですけれども、ロッキード・マーティン社とは契約の額は、全体でいくらになるのですか。

A:そのことは、この段階で発表を差し控えさせていただきたいと思いますが、また後ほど詳しいいろいろなことについては、事務的にしっかりと説明させていただきますので、よろしくお願いしたいと思っております。


Q:現在開発中のF-35が16年度に間に合うというような、そういう議論というのはあったのでしょうか。

A:そのことについては、我々はいろいろなことが報道等でございましたけれども、しっかりと確認して、それが間違いなく納期に納めるということの確約は得ております。



Japan Selects Lockheed Martin F-35 Lightning II

The Japan Ministry of Defense has announced its selection of the Lockheed Martin [NYSE: LMT] F-35 Lightning II as the Japan Air Self Defense Force’s (JASDF) next generation fighter aircraft, following the F-X competitive bid process. The F-35A conventional takeoff and landing variant (CTOL) was offered by the United States government with participation from Lockheed Martin. The initial contract will be for four jets in Japan Fiscal Year 2012, which begins April 1, 2012.




ついにF-35に決定しました。
F-35の製造は日本企業も参画することになっており、機体の製造を三菱重工、エンジンをIHI、アビオニクスを三菱電機がそれぞれ行うようです。

例のコラもひとまず役目を終えました。
まぁまたF-XXの時に復活して懐かしさを与えてくれるでしょうw

金正日 死去 

::::::::        ┌─────────────── ┐
::::::::        |   正日がやられたようだな…    │
:::::   ┌───└───────────v───┬┘
:::::   | フフフ…奴はテロ指定国家の中でも最弱 …│
┌──└────────v──┬───────┘
| 病で消えるとは           │
| 四天王の面汚しよ…        │
└────v─────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、      
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡  
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\ 
  ビンラディン     カダフィ     ジョブス

Monkey Flipライブ 

毎年恒例、プロレステーマ曲専門バンド「Monkey Flip」のライブが今年も終わりました。
お越しいただいたお客様、対バンの方々、Jack Lionスタッフの方々、ありがとうございました!
また来年もよろしくお願いします!

ドラえもん 最終回 



泣ける。。。

F-22ラプター、187機で生産終了 

Final F-22 Raptor Rolls Off Production Line

米空軍向けのステルス戦闘機F-22ラプターの最終号機が12月13日ジョージア州マリエッタ工場をロールオフしました。

このF-22最終号機は187機目の量産モデルですが、8機が生産された試験機も含めると195機目になります。
F-22は今までに2機喪失しているので、最終的に米空軍は185機の作戦可能なF-22を保有することになります。

航空自衛隊のF-XがF-35にほぼ決定する中、かつてF-Xの大本命だったF-22の生産が終了しました。

関連記事
F-22ラプター戦闘機 生産終了のお知らせ





Googleがまとめた2011年重大ニュースの動画 



金正日死亡も加えて編集し直さないと。

生まれたー 

今日、私の上の弟に長女が誕生しました。

体重2,200グラムと少し小さいですが、母子ともに健康だそうです。よかったよかった。

震災のあった年に生まれた子供ということで、復興の象徴のように元気に育って欲しいです。

私のところも弟にあやかって元気な子供が生まれるといいな。

かかみがはら航空宇宙科学博物館に行ってきた 

本日は休館日

・・・言葉もないwww
まあ近くに来たから立ち寄ってみただけなんですが、最近買った慣れないスマホのナビを使いつつ悪戦苦闘しながら漸くたどり着いたことを考えると、結構な徒労感を味わえましたよ・・・。


せっかくなので隣接する岐阜基地上空を飛んでた機体をいくつか撮ってみました。
かなり古いコンパクトデジカメ(ペンタックスOptio M20)が奮闘してくれました。


C-2

C-2輸送機
生で見ること自体初めてだったのでちょっと感激。
写真にすると小さいけど最大望遠でもこれが限界・・・。





C-1FTB

C-1FTB
C-2と並んで飛んでいました。





T-2

T-4
もともと写真を撮ることに対して興味が薄いほうだったので、よい撮影スポットなど全く知る由もありません。
このT-4は急きょネットで撮影スポットを調べ、アプローチ直前の機体を真下から狙える場所に移動して撮りました。
割と定番のスポットらしく、平日にも関わらず私の他にも数人カメラを携えた方がおられました。




空自F-X F-35を採用へ 

空自 F-X F-35 決定

防衛省、次期戦闘機にF35選定へ 報道

【12月13日 AFP】防衛省が、次期主力戦闘機として米航空宇宙大手ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)社製のF35ステルス戦闘機を採用する方針を固めたと13日の日本の各紙が報じた。



今度こそ本当に?
以前も飛ばし記事が出回ったこともあるし、週末の安全保障会議後の発表があるまでは眉唾ものです。

仮にF-35だとすると、亀裂発生の恐れをうけて開発が2年延長されることが先日発表されたばかりですし、空自のF-4EJ改には老体に鞭を打ってまだまだ頑張ってもらうことになりそうです。

それにしても、日本の防衛にとってこんな重要な決定がよりによって素人防衛大臣のときに成されるとは。

いつものリンクw
はだしのゲン 空自F-Xを考える



金曜ロードショウ 天空の城ラピュタ 

もう何十回目の視聴かも分からないラピュタですが、何度観てもラピュタはやっぱり最高でした。
御大の趣味(軍事的・性的な意味で)が随所に見られるテンポのよい冒険活劇。
宮崎駿が手掛けた映像作品ではラピュタが一番ですね。



1/20 FG4 「天空の城ラピュタ」ロボット兵 (戦闘Ver.)1/20 FG4 「天空の城ラピュタ」ロボット兵 (戦闘Ver.)
(2011/04/25)
ファインモールド

商品詳細を見る


関連ページ
 天空の城ラピュタ 感想

「こいつ天才だろ・・・」と思ったスレタイ挙げてけ  

「こいつ天才だろ・・・」と思ったスレタイ挙げてけ (VIPってなんぞ)

ワロタwww
いや、しょーもないんだけども!
我ながら笑いの沸点が低いのは幸せなことだ。

あなたは右脳派 左脳派 



時計まわりにしか見えませんでしたが、ふとしたきっかけで回転方向が切り替わって見えました。
この場合どっち派なんでしょう。

サブコントラバスサクソフォン 最低音域のサックス 



もはや何がなんだかw
チューバックス(音域はコントラバスサックスと同じ)奏者なら知り合いにいるので、現物を見たことがありますが、見た目のインパクトはそれよりもかなりありますね。
ベルに人間の頭がすっぽり入るなぁ。

関連記事
ソプリロ 最高音域のサクソフォン


アルトを吹くコルトレーン 



これはめずらしい。
アルトを吹いてもコルトレーンはやっぱりコルトレーンだったw

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。