FC2ブログ

北ミサイル「破壊命令」 安保会議経て防衛相が発令 

北ミサイル「破壊命令」 安保会議経て防衛相が発令

日本はスタンダードSM3を装備するイージス艦「こんごう」と「ちょうかい」、そしてペトリオットPAC-3を配備し、2段構えの布陣で臨む模様。
ただしこれら迎撃ミサイルが発射されるのは、日本本土に落下するケースに限られるため、確率としてはかなり低い。

しかし一方でアメリカ軍の場合はどうだろう。
アメリカは5隻のイージス艦を集中配備する模様だ。
日本と違って問答無用でSM3を打ちまくり、ミサイルディフェンスの貴重な実戦データを収集するつもりでいるのかもしれない。

いずれにせよすべては4月4日、遅くても8日には明らかに。

ところで、現在はSM3(ミッドコース・フェイズ)とPAC-3(ターミナル・フェイズ)の2段構えで行われるミサイルディフェンスですが、将来はブースト・フェイズで迎撃を行うABL(空中発射レーザー)が加わり3段構えとなる予定です。

ミサイルディフェンスの概念


そして更に次の段階では以下のように迎撃手段が追加され多層防御体制が整います(嘘)。


ミサイル・ディフェンスの概念発展形

※画像は拾い物です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m3i.blog45.fc2.com/tb.php/228-0e00d6dc