FC2ブログ

新型汎用護衛艦「19DD」進水迫る 

19DD

平成19年度護衛艦の命名・進水式について(PDF:60KB)
19DD

海上自衛隊の新型5000トン型護衛艦、19DD(ひときゅうディーディー)の命名・進水式が10月13日に三菱重工長崎造船所で行われます。

19DDはひゅうが型護衛艦と同様FCS-3とESSMを搭載しており、海上自衛隊としてはイージス艦であるあたご型やこんごう型に次ぐ防空能力が付与されています。

その主な任務は前級であるたかなみ型のものをほぼ継承していますが、新たに与えられた任務に、こんごう型護衛艦を防衛するというのがあります。

現在海上自衛隊において弾道ミサイル迎撃能力を持つのはこんごう型護衛艦のみですが、そのこんごう型護衛艦が弾道ミサイル迎撃に従事する間は通常の防空能力が大きく制限されるうえ、こんごう型に対する攻撃も予想されるため、その攻撃から護るというわけです。

19DDはたかなみ型に続く汎用護衛艦ですが、たかなみ型が前級のむらさめ型護衛艦のマイナーチェンジであることを考えると、じつに17年ぶりのフルモデルチェンジになります。

17年ぶりというわりには外見的にはむらさめ・たかなみとあまり相違なく、保守的なものに落ち着いていますね。

当初の案では艦首をウェーブピアサーにしたり、上部構造物をさらにステルス性のあるものにするものもありましたが、無難なものになったのはやはり予算の都合でしょうかね。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m3i.blog45.fc2.com/tb.php/532-17131b27

海上自衛隊新型護衛艦 19DD 進水へ

平成19年度護衛艦の命名・進水式について(PDF:60KB) 海上自衛隊の新型護衛艦、19DD(ひときゅうディディー)の命名・進水式が三菱重工長崎造船所で10月13日に行われます。 射撃指揮装置にひゅうが級護衛艦にも搭載されたFCS-3を採用し、前級のたか

  • [2010/10/09 07:35]
  • URL |
  • M-Cubed I 出張所 |
  • TOP ▲