スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニー・ギャレット@ビルボードライブ大阪1stセット 

個人的には2009年末のナベサダとの双頭グループ以来となるケニーギャレットのライブでしたが、久々に聴くケニー師匠はやっぱり凄かったです。

今回はピアノにお馴染みのベニート・ゴンザレス、ベースに去年の来日時のメンバーでもあったホルト・コーコラン、ドラムにはマーカス・ベイラーという布陣に、パーカッションのルディ・バードが加わるという編成でした。

このメンバーで世界中をツアーしているだけあってか、息の合った弾力のある演奏で、即興演奏の醍醐味を堪能できました。
しかしまぁケニー師匠のグループはメンバーが入れ替わっても毎回もの凄い演奏を聴かせてくれます。
とにかくサックスとピアノとドラムが吹きまくり弾きまくり叩きまくって暴れ回るのを、ベースが文字通り土台となって支え、そこにパーカスが彩りを添える感じです。

ケニー師匠は御年52になりますが、一曲目からフラジオ音域満載のブチ切れたプレイをアクセル全開で走り切り、2曲目が終わった時点で既に45分が経過しているという、相変わらずの超人っぷりを存分に発揮しておりました。いやぁそれにしても元気だなぁ・・・。

ステージ構成は最新作Seeds from the Undergroundからの曲を中心に、最後はお約束のHappy Peopleで締めるというものでした。
生で聴くと新曲のよさが再認識され、ライブから戻った後もCDを聴き返してました。
結構スルメなアルバムですね。

今回もたくさん元気をもらったステージでした。
CDのジャケットに書いてもらった英語とカタカナ(笑)のサインは家宝にしますw


シーズ・フローム・ジ・アンダーグラウンド (Seeds from the Underground) [直輸入盤・日本語帯解説付]シーズ・フローム・ジ・アンダーグラウンド (Seeds from the Underground) [直輸入盤・日本語帯解説付]
(2012/03/24)
ケニー・ギャレット

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m3i.blog45.fc2.com/tb.php/691-bcd38002

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。