スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22DDH 8月6日に命名・進水へ 艦名は「いずも」か 

平成22年度護衛艦の命名・進水式について(PDF)

海上自衛隊最大の護衛艦であり、昨今ではF-35Bの運用も検討されているという(※)22DDH(19,500トン型護衛艦)ですが、来たる平成25年8月6日(火)、いよいよ命名・進水式が行われます。

なお、未確認情報ではありますが、当初海自ウェブサイトにアップされたニュースリリースでは、ファイルの手違いか未公表のはずの艦名が確認できるようになっており、それによると22DDHは「いずも」と命名されるようです。

22DDHの前級であるひゅうが型護衛艦は、「ひゅうが」→「いせ」と続いているため、22DDHの「いずも」は、旧国名であり、日本神話繋がりでもあるため、なかなかしっくりくるネーミングなのではないでしょうか。

※【追記】7/16防衛大臣会見で導入検討の事実を否定されていました(大臣会見概要

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://m3i.blog45.fc2.com/tb.php/699-6135b025

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。